経済的なメリット

男性が再婚する場合、前妻への慰謝料や子どもへの養育費を支払うことになっていることがあります。さらに再婚するにあたって引っ越しや新生活をはじめるために、経済的な負担が重くのしかかることがあります。
花嫁が再婚の場合は両親からの資金的援助を受けにくいことが多く、さらに金銭的な負担は大きくなりやすい傾向にあると言われています。そのため、結婚式そのものを行わないという選択をする人もいますが、女性が初婚の場合などは結婚式へのあこがれが強いとのちのち挙式しなかったことを後悔することもあります。

しかし、海外ウェディングの場合は挙式とハネムーンをまとめてすることができるので、経済的な負担を少なくすることができます。最近は宿泊ホテルにウェディングプランを備えていることもあるので、そういったプランを利用すればさらに費用を抑えることができるでしょう。

挙式がむずかしい場合は、ハネムーンの一環として、ウェディングドレスやタキシードをレンタルして写真撮影のみを行うという方法もあります。この方法なら数万円で済みますし、一生の思い出として残すことができます。
2人だけの結婚の思い出として、いろいろなシチュエーションで写真撮影をするといいでしょう。